管理を任せる

高層のオフィスビル

株式投資で安定した収入を得たいと考えているのであれば、投資先としてマンション管理を行っている企業がお勧めです。なぜならば、マンション管理会社は安定した収益を確保することができているからです。そして、ここ数年、都市部を中心に大規模マンションが次々と建設されています。これらのマンションには必ず建物管理会社が付きます。そして、一度契約をすると、管理収入という、毎月安定した収入が発生するのです。つまり、マンション管理会社からしてみれば、管理契約の件数をいかに積み上げることができるかということがポイントとなってきます。マンション管理は総合不動産会社でも行っていますが、投資先はマンション管理専業会社がお勧めです。

なぜならば、総合不動産会社はマンション管理以外にもマンション開発や都市開発、オフィスビル開発等、様々な不動産業を行っているからです。これらの事業は成功すれば大きな収益となりますが、失敗した時にはせっかくマンション管理業で安定して稼いだ利益と相殺されることになります。安定した収益を確保したいと考える投資家には向かないのです。今、マンション管理業は不動産業界で収益源として高い期待が寄せられています。そのため、企業買収も積極的に行われており、場合によっては、投資先がTOBの対象となる可能性もあります。安定的にインカムゲインを得ながら、いずれかのタイミングでキャピタルゲインを手にすることができるチャンスもあるのです。